交通事故が発生したらどう対処すればいい?

d1dbc55d5dd50c190cbff420a49afb54_s
交通事故が発生した場合には、パニックになって冷静な判断ができない人もいます。感情的になる人もいるでしょう。そこで交通事故が発生した場合の流れを再確認し、いざというときにきちんと対処できるようにしておきましょう。

事故が発生したら即座にやるべきこと

59c7a3a3e09558d035cbcc51195e9f66_s

交通事故が発生したら、即座に行うべきことがあります。まずは警察を呼ぶのですが、事故の程度に関係なく警察は必ず呼びましょう。人身事故の場合には、救急車も呼ばなければいけません。事故の状況はできる限り詳しく説明しないといけないので、きちんと覚えておきましょう。忘れそうな場合には、メモをしておくことをおすすめします。なぜなら過失割合を決めるときに、加害者の主張と事実が異なっている場合があります。

加害者も興奮状態である可能性も高いですし、逆に動揺していることもあるでしょう。そのため、被害者はきちんと自己主張をすることが重要です。もちろん事実でなければいけません。もし救急車で運ばれた場合には、病院で手当てを受け、動ける状態であれば警察署に出向きます。入院した場合には、退院してから事情を説明するようになるでしょう。

忘れずに行うべきこと

6023e1fee83c6d052624281309ba9272_s

交通事故が発生したときには、警察を呼ぶことや救急車を呼ぶこと、現状の把握などは忘れる人は殆どいないでしょう。しかし、他にもすぐやるべきことがあるのです。それは相手の連絡先を聞いておくことと、ナンバーを控えておくことです。また、最近は携帯電話やスマートフォンを持っている人が多いので、現場の写真を撮っておくとよいでしょう。こうすることで、スムーズな交渉ができる場合もあるのです。

人によってはちょっとしたケガの場合、物損事故として処理してしまうこともあるでしょう。しかし、僅かであってもケガをした場合には、人身事故として届け出ておくべきです。そうすることで後日何らかの症状が出た場合、きちんと慰謝料を請求することができます。事故が発生したら、これだけは必ずやっておきましょう。

まとめ

交通事故に備えて、あらかじめこのように対処することを覚えておくべきです。きちんと手順を把握している人ほど事故を起こしにくいと言えるでしょう。いつ発生するかわからないので、いざというときに備えるのは大切なことなのです。