万が一のときに備えて必ず加入しておくべき任意保険

投稿者: | 2016年11月29日

b25b9c65442a98373cc98b9fe97a6d0a_s
自賠責保険は必ず加入しなければいけない保険です。それに対して、任意保険は必ず加入しなければいけないという義務はありません。しかし、万が一のときに備えて、必ず加入しておくべき保険であるのは確実です。

対物にも対応してくれる

80dc709d623bc1daca9ebf752b430dc2_s

自賠責保険が人身事故のみにしか適用されないのに対して、任意保険は物損事故にも対応できます。よく対物無制限などという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。この対物というのが物損事故を起こしたときの補償です。

車を仕事に使用している人や、あまり運転に自信がない人などは、対物無制限に加入することも多いでしょう。しかし、少しでも保険料を減らすために、対物に関しては無制限に加入するのではなく、補償金額が決まっているプランの保険に加入することも多くなっています。

対人は無制限に加入するべき

対物に関しては、特に無制限のプランに加入する必要はないでしょう。しかし、対人に関しては、大半の人が無制限のプランに加入しているのです。近年は交通事故の発生件数自体は減少しているものの、飲酒運転や無理な運転など、悪質な運転をして発生する交通事故が増えています。

また、歩行者や自転車のマナーも悪くなっているので、万が一のときに備えておく人が多いのでしょう。おそらく任意保険に加入している人で、対人無制限に加入していない人は、かなり少なくなっています。

それだけ人身事故というのは、賠償するべき金額が高くなってしまうのです。ただし、対人無制限だからと言って、無理な運転をしてよいというわけではありません。また、自分の配偶者をケガさせてしまった場合には、保険金が下りないので注意しましょう。

まとめ

任意保険は対人対物以外にも、いろいろなオプションが付いているのが一般的です。対人対物だけを気にするのではなく、この保険会社はこのようなオプションが付いているというところまできちんと確認してから加入しないといけません。